ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > 双葉山没後50年大相撲宇佐場所興行契約調印式(平成29年6月9日)

双葉山没後50年大相撲宇佐場所興行契約調印式(平成29年6月9日)

印刷用ページを表示する 2017年6月12日更新

調印式の様子記念撮影

 6月9日(金曜日)、公益財団法人日本相撲協会と大相撲宇佐場所実行委員会の間で「大相撲興行契約書」の締結に伴う調印式が行われ、市長が立会人を務めました。
 調印式に出席した相撲協会で宇佐市出身の雷徹(いかずちとおる)親方が、「郷土の大横綱、双葉山関が育った宇佐市を多くの相撲ファンに来て見ていただきたい」と呼びかけると、市長は、「前回、双葉山生誕100周年記念から5年ぶりの大相撲巡業になります。これを機会に改めて郷土が誇る双葉山を顕彰し、地域振興にも繋げたいと思います。当日は、観光交流特別大使の白鵬関をはじめ人気力士が勢ぞろいし大いに盛り上がることと期待しています」とあいさつしました。
 大相撲宇佐場所は双葉山の50回忌にあたる今年の12月7日(木曜日)、はちまんの郷宇佐・三和酒類スポーツセンターで開催されます。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。