ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > 宇佐市防災士会合同研修会(平成29年5月21日)

宇佐市防災士会合同研修会(平成29年5月21日)

印刷用ページを表示する 2017年5月23日更新

市長あいさつ研修会の様子

 5月21日(日曜日)、さんさん館において宇佐市防災士会の会員52名が参加し、宇佐市と宇佐市防災士会合同の初の研修会が開催されました。研修会では、宇佐市自治連合会会長の貞池冨士生(さだいけふじお)さんによる「自主防災活動の実態」と題しての講演や大分県防災アドバイザーの田中昭次(たなかしょうじ)さんによる講演が行われました。
 市長は「東日本大震災後、熊本・大分地震など、身近なところで災害が起きています。そのような中、市では今後起こりうる南海トラフなどの大規模災害に備え、BCP計画(事業継続計画)を策定しました。この計画では“自助、共助、公助”という概念のもと、防災士のみなさんのネットワークを通じ、情報の交換や共有を図ることで、より防災力を高めることとしています。現在、校区ごとに避難訓練などを行っていますが、今後も防災士のみなさんには地域のリーダーとして防災力の向上に努めていってください。」とあいさつしました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。