ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > 「宇佐市宇佐空の郷」開館式典(平成29年4月21日)

「宇佐市宇佐空の郷」開館式典(平成29年4月21日)

印刷用ページを表示する 2017年4月24日更新

市長あいさつテープカットの様子

 4月21日(金曜日)、宇佐海軍航空隊基地跡周辺に残る戦争遺構を紹介する施設「宇佐市宇佐空の郷」の開館式典が行われました。
 市長は、阿川弘之さんが特攻隊員になるために訓練を積んで出撃していく海軍予備校生の苦悩を描いた小説「雲の墓標」を紹介し、「ここには戦時中、宇佐海軍航空隊の正門がありました。わたしたちは、落下傘整備所や爆弾池など今も残る遺構群を大切に保存し、戦争の記憶を後世に伝えていく責務があります。今後、宇佐空の郷は戦争の悲惨さと平和の尊さを伝えるゲートウェイとして運営を図ってまいります。」とあいさつしました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。