ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > 第12回平和のともしび(平成28年8月15日)

第12回平和のともしび(平成28年8月15日)

印刷用ページを表示する 2016年8月17日更新

市長あいさつの様子地元小中学生による合唱の様子

 8月15日(月曜日)、城井一号掩体壕で、「第12回平和のともしび」が開かれました。
 宇佐市から特攻出撃した154名の隊員や空襲で犠牲になった市民の方々の冥福を祈り1分間の黙祷を行いました。
 市長は、「71回目の終戦記念日に戦争の悲惨さと平和の尊さを考えることは、全世界共通です。しかしながら時代とともに年々風化しているように思います。宇佐市としましては、我がまちも戦場であったことを後世に残していく責任があり、今後も戦争遺構群を大切に保存し、戦争体験を風化させないように取り組んでまいります。」とあいさつ。
 式の最後には地元地区の小・中学生による「ふるさと」の合唱にあわせて、訪れた方々も平和への願いを込めて一緒に唄いました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。