ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > パン用小麦「ミナミノカオリ」の収穫体験(平成28年6月10日)

パン用小麦「ミナミノカオリ」の収穫体験(平成28年6月10日)

印刷用ページを表示する 2016年6月10日更新

市長あいさつ児童麦収穫体験の様子

 6月10日(金曜日)、佐々札地区の麦畑で、パン用小麦「ミナミノカオリ」の収穫体験が行われました。
 この収穫体験は、宇佐産小麦を使った商品を開発する宇佐パン粉有限会社と農事組合法人農守さざれが企画するもので毎年、長洲小学校、柳ヶ浦小学校、和間小学校の児童が食育の一環として取り組んでいます。
 市長は、「麦は、みなさんがいつも食べているパンや麺の原料になります。そして、大分県の北部地域は日本有数の麦の産地です。今日は昨年の秋に種まきをした麦を収穫します。鎌を使用するのでケガのないように収穫しましょう。」とあいさつしました。児童たちは農家の方から説明を受けながら、慣れない手つきで収穫していました。