ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > 村岡宏章さんより特攻隊員の遺品を寄贈していただきました(平成27年4月14日)

村岡宏章さんより特攻隊員の遺品を寄贈していただきました(平成27年4月14日)

印刷用ページを表示する 2015年4月14日更新

市長あいさつ寄附受納

 4月14日(火曜日)、村岡宏章さんより昨年に引き続き、宇佐海軍航空隊から神風特攻隊として出撃・戦死した中根久喜中尉の遺品17点を追加寄贈していただきました。
 村岡さんによると、昨年の遺品の寄贈を中根中尉の墓前に報告するため茨城にある実家を訪問した際、軍服や勲章、日々の訓練の様子や貴重な場面が数多く収められているアルバムなどが新たに見つかり、管理を託されたそうです。「中根中尉が出撃前に滞在した宇佐海軍航空基地ゆかりの地に『平和ミュージアム』の建設が予定されていると伺い、平和学習の教材として、展示、活用していただくことが供養になると思い、追加寄贈させていただきました。戦争遺産を後世にしっかりと伝えていくことが平和学習に繋がると思います。」と話しました。
 市長は、「今日は中根中尉が特攻出撃した日です。中尉がどのような思いで特攻に向かわれたのか、そしてそのおかげで今の平和があると思うと、私たちはこのことを後世に伝えていく責務があると強く感じています。寄贈いただいた貴重な資料は、平和学習のために活用していきます。」とお礼の言葉を述べました。