ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > 御許山古道整備ボランティア活動(平成27年4月8日)

御許山古道整備ボランティア活動(平成27年4月8日)

印刷用ページを表示する 2015年4月9日更新

市長あいさつ登山道整備活動の様子

 4月8日(水曜日)、宇佐神宮の奥宮がある御許山で、県建設業協会宇佐支部青年部の皆さん約30名が参加して登山道の整備が行われました。
 今回の取り組みにより、かつて地元のみなさんが使っていたという登山道約800mを整備。これまでの宮迫地区と正覚寺地区からのルートに加え、3つ目のルートとして、鳴川地区から利用できるようになりました。
 市長は、「御許山は馬城峰とも呼ばれ、古くから信仰の山として市民に親しまれています。現在ある2つの登山ルートが3つになり、宇佐神宮と共に、御許山にもたくさんの方が訪れることを期待しています。」とあいさつしました。