ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長の部屋 > 平成25年3月第1回市議会定例会 提案理由説明

平成25年3月第1回市議会定例会 提案理由説明

印刷用ページを表示する 2013年2月27日更新

市長の提案理由説明

提案理由説明書

 議第1号は、「平成24年度宇佐市一般会計補正予算(第7号)」案でございますが、今回の補正額は210,800千円の増額で、累計予算額は28,141,000千円となります。
 今回の補正予算案は、国の緊急経済対策に伴い、小中学校校舎及び屋内運動場の耐震補強事業や、道路橋梁などのインフラの点検整備といった事前防災・減災対策事業を前倒しするほか、災害復旧事業の減額など、事業費の確定による所要の調整を行うものであります。
 主な歳出補正につきましては、総務費で、災害に備えて光幹線ケーブルを二重化する「地域公共ネットワーク等強靭化事業」が21,259千円、農林水産業費で、ため池やトンネル・橋梁の耐震調査を行う「震災対策農業水利施設整備事業」が53,000千円、土木費で東上田城井線など「社会資本整備総合交付金事業」が333,400千円、教育費で院内中部小学校校舎ほか3件の「小中学校校舎及び屋内運動場耐震補強事業」で304,500千円などの増額となっております。
 そのほか、民生費で、放課後児童クラブを増築し、受け入れ態勢を確保する「放課後児童クラブ建設事業」が4,600千円の増額となる一方、給付費の見込み減により「障害福祉サービス事業」が47,440千円の減額、また、事業費の確定により、「公共土木施設災害復旧事業」が19,697千円、「農地農業用施設災害復旧事業」が172,955千円の減額などとなっております。
 主な歳入補正につきましては、国の予備費や補正予算に伴う各種事業の前倒しにより、国庫支出金が406,499千円の増額、地方交付税が352,000千円の増額となる一方、県支出金で農地農業用施設災害復旧事業などの事業費確定により、183,205千円の減額、財政調整基金の戻し入れなどにより、繰入金が297,152千円の減額などとなっております。

 議第2号から議第10号までは、宇佐市国民健康保険特別会計など9特別会計の補正予算でありまして、以下、補正予算の主な内容について、順を追って御説明いたします。

 議第2号「平成24年度宇佐市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)」案でございますが、今回の補正額は277,300千円の減額で、累計予算額は7,547,800千円となります。
 補正内容につきましては、共同事業拠出金の事業費確定による保険財政共同安定化事業拠出金の減額及び、所要額調整により療養諸費や特定健康診査等事業費などを減額するものであります。

 議第3号「平成24年度宇佐市介護保険特別会計補正予算(第3号)」案でございますが、今回の補正額は162,500千円の減額で、累計予算額は5,905,500千円となります。
 補正内容につきましては、総務費で経常経費の減額や、保険給付費及び地域支援事業費で介護サービス利用者数などの減少により、介護サービス等諸費などを減額するものであります。

 議第4号「平成24年度宇佐市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)」案でございますが、今回の補正額は8,200千円の減額で、累計予算額は273,800千円となります。
 補正内容につきましては、農業集落排水費で本年度実施予定であった、「低コスト型農業集落排水施設更新支援事業計画書作成業務委託」について、設備更新工事に対する国の補助が先送りとなり事業実施ができなかったため、減額するものであります。

 議第5号「平成24年度宇佐市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)」案でございますが、今回の補正額は14,299千円の減額で、累計予算額は458,600千円となります。
 補正内容につきましては、簡易水道建設事業費の入札残及び下切線道路改良工事等の計画変更に伴い、水道管布設替え工事費を減額するものであります。

 議第6号「平成24年度宇佐市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)」案でございますが、今回の補正額は364,712千円の増額で、累計予算額は1,219,572千円となります。
 補正内容につきましては、公共下水道費で汚水管渠工事費などを増額するものであります。

 議第7号「平成24年度宇佐市特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)」案でございますが、今回の補正額は1,438千円の減額で、累計予算額は152,937千円となります。
 補正内容につきましては、総務費で経常管理経費の確定による所要額の調整や公債費で市債の借入利率の確定により、減額するものであります。

 議第8号「平成24年度宇佐市介護サービス事業特別会計補正予算(第3号)」案でございますが、今回の補正額は1,745千円の減額で、累計予算額は391,557千円となります。
 補正内容につきましては、総務費で施設管理費の所要額調整やサービス収入の減額に伴い、財政調整基金の繰入金を増額するものであります。

 議第9号「平成24年度宇佐市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)」案でございますが、今回の補正額は9,086千円の減額で、累計予算額は702,431千円となります。
 補正内容につきましては、総務費で一般管理費等の所要額調整を行うほか後期高齢者医療広域連合納付金で負担金の確定により、保険基盤安定化負担金などを減額するものであります。

 議第10号「平成24年度宇佐市水道事業会計補正予算(第1号)」案でございますが、今回の主な補正内容は、収益的収支予算及び資本的収支予算で、収益的収支予算は、支出が営業費用29,754千円の減額で、累計予算額は519,519千円となります。資本的収支予算については、支出が建設改良費40,942千円の減額で、累計予算額は99,950千円となります。
 資本的支出に対する資本的収入の不足額81,850千円については、過年度損益勘定留保資金51,657千円、当年度消費税資本的収支調整額5,539千円及び減債積立金24,654千円で補てんするものであります。

 特別会計の補正予算の主な内容は以上であります。

 続きまして、議第11号は、「平成25年度宇佐市一般会計予算」案でございますが、本予算の総額は25,197,000千円で、前年度当初予算と比較して1,283,000千円、4.8パーセント減となっております。
 平成25年度予算は市長改選期であるため、骨格予算として編成しておりますが、緊急経済対策として学校耐震化や社会インフラの点検・整備などを前倒しした平成24年度3月補正予算と合わせ、「13カ月予算」として切れ目ない予算執行を進める方針でございます。
 主な歳出予算につきましては、民生費で、「障害福祉サービス事業」、「保育所緊急整備事業」などの増により、79,078千円の増額、衛生費で、「国民健康保険特別会計繰出金」、「簡易水道事業特別会計繰出金」の増などにより、100,928千円の増額となっております。
 一方、総務費で、「院内支所庁舎増改築事業」、「地域振興基金積立金」などの減により、483,211千円の減額、土木費で、「蜷木踏切自歩道設置事業」の完了や、「東上田城井線」などの平成24年度補正予算への前倒しに伴う「社会資本整備総合交付金事業」の減により、426,957千円の減額、さらに教育費では、「北馬城小学校校舎改築事業」の完了や、「院内中部小学校校舎改築事業」ほか3件の「小中学校校舎及び屋内運動場耐震補強事業」の平成24年度補正予算への前倒しなどにより、65,356千円の減額となっております。
 また、公債費では、旧町時代に発行した過疎債の償還終了などにより、113,530千円の減額となっております。
 主な歳入予算につきましては、「社会資本整備総合交付金事業」や「小中学校校舎及び屋内運動場耐震補強事業」などの減により、国庫支出金が234,139千円の減額、地方債が733,701千円の減額となっているほか、「公共施設整備基金」、「財政調整基金」などの繰入金が168,241千円の減額となっております。

 議第12号から議第20号までは、宇佐市国民健康保険特別会計など9特別会計の当初予算でありまして、以下、当初予算の主な内容について、順を追って御説明いたします。

 議第12号「平成25年度宇佐市国民健康保険特別会計予算」案でございますが、本予算の総額は7,662,000千円で、前年度に比較して0.1パーセントの減になっております。
 主な内容につきましては、被保険者数の減少に伴う療養給付費等の保険給付費の減少や、介護納付金、共同事業拠出金が減少したことにより、前年度と比較して減額となっております。

 議第13号「平成25年度宇佐市介護保険特別会計予算」案でございますが、本予算の総額は6,137,400千円で、前年度に比較して1.6パーセントの増となっております。
 主な内容につきましては、保険給付費で第5期介護保険事業計画に基づく介護サービス受給者等の増加により、前年度と比較して増額となっております。

 議第14号「平成25年度宇佐市農業集落排水事業特別会計予算」案でございますが、本予算の総額は282,600千円で、前年度に比較して0.    4パーセントの増となっております。
 主な内容につきましては、公債費のうち資本費平準化債の元金償還開始などにより、前年度と比較して増額となっております。

 議第15号「平成25年度宇佐市簡易水道事業特別会計予算」案でございますが、本予算の総額は624,700千円で、前年度に比較して33.3パーセントの増となっております。
 主な内容につきましては、宇佐簡易水道の麻生地区建設工事、安心院・院内簡易水道の設備更新事業や管理システム構築事業などにより、前年度と比較して増額となっております。

 議第16号「平成25年度宇佐市公共下水道事業特別会計予算」案でございますが、本予算の総額は962,600千円で、前年度に比較して 13.2パーセントの増となっております。
 主な内容につきましては、公共下水道費で川部・山本地区下水道整備事業の実施、公債費で公的資金繰上償還借換債の元金償還の開始などにより、前年度と比較して増額となっております。

 議第17号「平成25年度宇佐市特定環境保全公共下水道事業特別会計予算」案でございますが、本予算の総額は157,900千円で、前年度に比較して0.9パーセントの増となっております。
 主な内容につきましては、公債費のうち資本費平準化債の元金償還開始などにより、前年度と比較して増額となっております。

 議第18号「平成25年度宇佐市介護サービス事業特別会計予算」案でございますが、本予算の総額は402,500千円で、前年度に比較して0.8パーセントの増となっております。
 主な内容につきましては、施設管理費で修繕料などの経常管理経費や、サービス事業費で介護用消耗品費などの増により、前年度と比較して増額となっております。

 議第19号「平成25年度宇佐市後期高齢者医療特別会計予算」案でございますが、本予算の総額は722,100千円で、前年度に比較して1.6パーセントの増となっております。
 主な内容につきましては、後期高齢者医療にかかる電算システムの機器購入に伴う一般管理費等の増により、前年度と比較して増額となっております。

 議第20号「平成25年度宇佐市水道事業会計予算」案でございますが、予算の規模は、収益的収支予算の収入は551,325千円で、前年度に比較して0.4パーセントの増となっております。
 また、支出は619,272千円で、前年度に比較して12.7パーセントの増となっておりますが、これは新浄水場の減価償却費によるものであります。
 資本的収支予算では、収入18,100千円に対し、支出は160,881千円で、この不足額142,781千円は、過年度損益勘定留保資金112,698千円、当年度消費税資本的収支調整額5,003千円、減債積立金25,080千円で補てんするものであります。この資本的収支予算は前年度に比較して、収入は増減なしで、支出は14.2パーセントの増となっております。

 特別会計の当初予算の主な内容は以上であります。

 議第21号は、「宇佐市男女共同参画推進条例の制定について」の件でございますが、これは本市における男女共同参画社会の実現に向け、基本理念や施策の基本となる事項を定め、もって男女共同参画を総合的かつ計画的に推進するため、条例を制定するものであります。

 議第22号は、「宇佐市一般旅券印紙等購買基金条例の制定について」の件でございますが、これは平成25年10月1日から一般旅券の申請受付及び交付に関する事務を本市で行うことに伴い、市民の利便性を考慮し、市民課窓口で収入印紙及び大分県証紙の販売を取り扱うようにするため、条例を制定するものであります。

 議第23号は、「宇佐市新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について」の件でございますが、これは新型インフルエンザ等対策特別措置法の規定に基づき、本市のインフルエンザ等対策本部の組織及び運営について必要な事項を定めるため、条例を制定するものであります。

 議第24号は、「宇佐市指定特定非営利活動法人の指定の基準、手続等に関する条例の制定について」の件でございますが、これは地方税法第314条の7第1項第4号に掲げる寄附金を受け入れる特定非営利活動法人を条例で定めるために必要な基準、手続等について定め、市民の特定非営利活動法人に対する寄附の気運を醸成することにより、市民による相互支援を促進し、もって市内における特定非営利活動の健全な発展を図ることを目的として、条例を制定するものであります。

 議第25号は、「宇佐市地域交流ステーション条例の制定について」の件でございますが、これは旧深見中学校校舎を、地域と大学や都市住民との連携・交流を促進し、地域コミュニティの活性化を図るための施設『宇佐市地域交流ステーション』として活用していくための設置及び管理に関し必要な事項を定めるため、条例を制定するものであります。

 議第26号は、「宇佐市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について」の件でございますが、これは障害者自立支援法の名称及び条項の変更に伴い、改正を行うものであります。

 議第27号は、「宇佐市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について」の件でございますが、これは男女共同参画審議会委員の報酬額の設定、家庭児童相談員の報酬額の見直し、公民館機構の変更に伴う安心院中央公民館長及び院内中央公民館長の報酬の見直し並びに生涯教育専門員及び社会人権・同和教育指導員の廃止に伴う報酬規定の整備を行うため、改正を行うものであります。

 議第28号は、「宇佐市職員の給与に関する条例の一部改正について」の件でございますが、これは近年職員の時間外勤務が増加傾向にあることから、時間外勤務を厳正に管理するため時間外勤務手当の細分化を図るとともに、週休日や休日に勤務した管理職員について、振り替え又は代休の取得ができなかった場合に、大分県並びに県内各市と同様の管理職員特別勤務手当を新設するため、改正を行うものであります。

 議第29号は、「宇佐市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について」の件でございますが、これは議第28号と同様に、企業職員のうち、管理職員について管理職員特別勤務手当を新設するため、改正を行うものであります。

 議第30号は、「宇佐市職員の退職手当に関する条例等の一部改正について」の件でございますが、これは国家公務員の退職手当制度改正に準じて職員の退職手当の支給率の引下げを行うため、改正を行うものであります。

 議第31号は、「宇佐市立幼稚園条例の一部改正について」の件でございますが、これは平成22年4月1日から休園している宇佐市立津房幼稚園を廃園とするため、また、保育料の減免については、国の制度改正に迅速に対応し、保護者への減免が速やかに行われるようにするため、改正を行うものであります。

 議第32号は、「宇佐市民図書館条例の一部改正について」の件でございますが、これは院内支所の改築に伴い、院内分館の施設管理上の制約が解消されるため、平成25年度から同分館の休館日及び開館時間を本館や安心院分館と同様にするため、改正を行うものであります。

 議第33号は、「宇佐市福祉事務所設置条例の一部改正について」の件でございますが、これは障害者自立支援法の名称の変更に伴い、改正を行うものであります。

 議第34号から議第43号までは、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、いわゆる地域主権一括法の施行に伴って必要となる条例について整備するものでありまして、以下、順を追って御説明いたします。

 議第35号は、「宇佐市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法の基準等に関する条例の制定について」でございますが、これは介護保険法に基づき、指定地域密着型介護予防サービス事業に係る申請者の要件並びに指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営等に関する基準について定めるものであります。
 なお、指定地域密着型介護予防サービスに係る基準につきましては、事業の運営上の基準に関して独自基準を採用しております。

 議第36号は、「宇佐市市道の構造の技術的基準等に関する条例の制定について」でございますが、これは道路法に基づき、市が管理する市道を新設し、又は改築する場合における道路の構造の技術的基準等について定めるものであります。
 なお、市道の構造の技術的基準につきましては、市道の車線等の基準に関して独自基準を採用しております。

 議第37号は、「宇佐市準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的基準に関する条例の制定について」でございますが、これは河川法に基づき、本市の準用河川に係る河川管理施設等の構造について管理上必要とされる技術的基準について定めるものであります。

 議第38号は、「宇佐市水道布設工事監督者及び水道技術管理者の資格等に関する条例の制定について」でございますが、これは水道法に基づき、技術上の監督業務を行わせなければならない水道の布設工事及び当該工事の施行に関する技術上の監督業務を行う者に必要な資格並びに水道技術管理者に必要な資格について定めるものであります。

 議第39号は、「宇佐市廃棄物の適正処理及び再利用等に関する条例の一部改正について」でございますが、これは廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づき、一般廃棄物処理施設の技術管理者の資格について定めるものであります。

 議第40号は、「宇佐市市営住宅条例の一部改正について」でございますが、これは公営住宅法に基づき、市営住宅の整備基準及び入居に係る収入基準について定めるとともに、市営住宅の地番の修正を行うなど所要の改正を行うものであります。
 なお、市営住宅の入居に係る収入基準につきましては、収入基準額の緩和措置対象者に関する同居要件について、独自基準を採用しております。

 議第41号は、「宇佐市都市公園条例の一部改正について」でございますが、これは都市公園法に基づく都市公園の配置・規模に関する技術的基準及び公園施設の設置基準並びに高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律に基づく特定公園施設の設置に関する基準について定めるものであります。
 なお、特定公園施設の設置に関する基準につきましては、独自基準として、大分県福祉のまちづくり条例の基準を採用しております。

 議第42号は、「宇佐市都市下水路条例の一部改正について」でございますが、これは下水道法に基づき、都市下水路の構造及び維持管理に関して必要な技術上の基準について定めるものであります。

 議第43号は、「宇佐市公共下水道条例の一部改正について」でございますが、これは下水道法に基づき、公共下水道の構造の技術上の基準及び終末処理場の維持管理に関する基準について定めるものであります。

 議第44号は、「宇佐市と玖珠町との証明書等の交付等に係る事務の委託について」の件でございますが、これは本市と玖珠町との間で、証明書等の交付等に係る事務を相互に委託することについて、議会の議決を求めるものであります。

 議第45号は、「辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について」の件でございますが、これは平成20年3月に策定しました整備計画の期間が本年度をもって終了するため、新たに「平成25年度~平成29年度」の新規・継続事業について公共的施設の整備計画を策定したいので、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第1項の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 議第46号は、「定住自立圏の形成に関する協定の一部変更について」の件でございますが、これは中津市との間で定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定を締結することについて、地方自治法第96条第2項の規定による議会の議決すべき事件に関する条例の規定により、議会の議決を求めるものであります。

報告説明書 

 報告第1号から報告第4号は、「専決処分の報告について」の件でございますが、これは地方自治法第180条第1項の規定による市長の専決処分指定事項の規定により指定された事項について4件の専決処分をしたので、地方自治法第180条第2項の規定により報告するものであります。