ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長の部屋 > 市長コラム1月号広報掲載(平成29年12月25日発行)

市長コラム1月号広報掲載(平成29年12月25日発行)

印刷用ページを表示する 2017年12月25日更新

東別院山門


 宇佐の明治維新(H30.1月号)

 今から150年前、宇佐で明治維新の動乱がありました。「御許山騒動」です。鳥羽・伏見の戦い直後の1月14日、勤王家 佐田秀率いる60人余りの花山院隊が、幕府方の四日市陣屋を襲撃、逃げ込んだ東別院を焼き払います。翌日には御許山に「錦の御旗」を押し立て義挙に応じるようげきを飛ばしました。

 この動きを知った長州藩は、長州の名を語る暴挙で維新の妨げになると判断。20日、長州兵200人を豊前宇島に上陸させ、西別院に布陣。23日、佐田秀を厳しく追及のうえ惨殺、御許山の花山院隊も鎮圧します。佐田ら首謀者の首級は「口に正義を唱え、盗賊の所業せし者」として、さらされました。

 勤王派公卿である花山院から授かった「錦の御旗」を信じて疑わなかった佐田秀。正式なものと認めなかった長州藩。このボタンの掛け違いが悲劇を生みました。明治維新150年の節目にあたり、シンポジウムが開かれます。改めまして、犠牲になられた方々、被災された方々に、ご冥福とお見舞い申し上げますとともに、検証が深まることを期待しています。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。