ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長の部屋 > 竹内新教育長就任式 市長あいさつ(平成29年9月8日)

竹内新教育長就任式 市長あいさつ(平成29年9月8日)

印刷用ページを表示する 2017年9月8日更新

教育長就任式市長あいさつ

 竹内教育長の就任式にあたり、一言ご挨拶申し上げます。竹内教育長におかれましては、先般の臨時議会で宇佐市議会の同意を得て、本日付けで就任となりました。市を挙げて歓迎申し上げます。

 ご案内のとおり、地方教育行政の組織及び運営に関する法律が一部改正され、教育長は地方公共団体の長が議会の同意を得て任命することとなりました。教育は国家百年の体系といわれるように地方公共団体においても大変重要な分野です。宇佐市では「地域の子は地域で育てる」を基本に、知・徳・体バランスの取れた子どもを育成するとともに、文化財保護など社会教育にも力を注いできました。これまで諸先輩方のご尽力により着実に進展しておりますが、一方で継続中の案件や課題も山積している状況にあります。

 そのような中、就任されました竹内新教育長は、文部科学省で主要なポストを歴任されるなど、豊富な知識と経験をお持ちの方であり、宇佐市の教育行政に新風を吹き込むとともに、さらなる充実・発展にご尽力いただけるものと大いに期待しているところであります。

 ただ、宇佐市は初めての土地でお知り合いもいないとお聞きしております。先ずは宇佐市の歴史・文化・自然・グルメなどに触れていただきますとともに、現場主義の下、教職員、保護者、地域の方々と様々な形でコミュニケーションをとりながら「対話と協働」という精神で臨んでいただければと思います。

 なお、初仕事が市議会一般質問対応ということで大変、緊張していることと思います。地方公共団体は、執行機関である市長部局や教育委員会などと議決機関である議会の二元代表制となっています。多方面からの質問が降りかかってまいりますが、執行機関として丁寧かつわかりやすい答弁を心掛けておりますので、ご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。

 終わりに、竹内教育長には一日も早く宇佐の地に慣れていただきますとともに、健康にご留意いただきながら宇佐市教育発展のために邁進いただきますようお願いし、ご挨拶といたします。どうぞ、よろしくお願いいたします。 

  平成29年9月8日

                   宇佐市長 是 永 修 治

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。