ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長の部屋 > 豊前神楽特別奉納(平成29年4月1日)

豊前神楽特別奉納(平成29年4月1日)

印刷用ページを表示する 2017年4月4日更新

市長あいさつ神楽

  4月1日(土曜日)、豊前神楽が国指定無形重要文化財に認定されたことを奉告するとともに、認知度を高めてこれからの保存と継承につなげるため、宇佐神宮能楽殿で豊前神楽特別奉納が行われました。舞台では、宇佐市と中津市で受け継がれている5つの神楽社が勇壮な舞で観客を魅了し、終了後は餅まきも行われました。
  市長は、「豊前の国で伝承し、大分県と福岡県に分かれていた豊前神楽が昨年、国指定無形重要文化財として認定され、地元の歴史ある文化が学術的に調和されることを大変うれしく思います。伝統文化の保存と継承は簡単ではありませんが、関係する皆さんと行政が一体となって取り組んでいきたいと考えています。」とあいさつしました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。