ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長の部屋 > 熊本・大分地震災害義援金寄託式(平成28年6月24日)

熊本・大分地震災害義援金寄託式(平成28年6月24日)

印刷用ページを表示する 2016年6月27日更新

義援金寄託式記念撮影

 6月24日(金曜日)、宇佐市自治会連合会を代表して貞池冨士生(さだいけ ふじお)会長ら5名の方から熊本・大分地震による被災地支援のため市内に346ある各自治会で4月25日から約1ヶ月かけて集められた義援金をお預かりしました。
 市長は、「熊本・大分地震は各地に大きな被害を与えており、特に住宅被害のあった地域では、被災者の生活環境の再建が難しい状況です。みなさんのご尽力により多額の義援金が集まっていると聞き、市民のみなさんの復興への想いの強さを改めて感じました。お預かりした義援金は、熊本県と大分県が開設した義援金受入口座や日本赤十字社を通じて被災地へお渡しします。」と感謝の言葉を述べました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。