ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長の部屋 > 平成27年4月1日付け人事異動辞令交付式市長訓示(平成27年4月1日)

平成27年4月1日付け人事異動辞令交付式市長訓示(平成27年4月1日)

印刷用ページを表示する 2015年4月3日更新

市長あいさつ 平成27年4月1日付け、人事異動辞令交付式にあたり、一言ご挨拶申し上げます。幹部職員の皆さん方には、新年度を迎え気持ちも新たにこの場に臨んでいることと思います。そこで4点についてお願いいたします。

 1点めは、「トリプルA・S運動の徹底」についてであります。
トリプルA運動は、「あいさつ」、「当たり前のことをキチンとやる」、「足とアイデア」の3つであります。また、トリプルS運動は、「政策自治体」、「スピード」、「説明責任」の3つであります。
この運動は職務遂行にあたっての基本的な心構えを示したものですが、昨年の不祥事に見られるように、なお一部の職員間で不十分な面があります。部下職員を含めトリプルA・S運動の徹底方をお願いいたします。

 2点目は、「予算執行と総合戦略」についてであります。
ご案内の通り、平成27年度は第二次総合計画スタートの年となります。また、国においても地方創生が喫緊の課題となっており、27年度は国の交付金を活用した3月補正予算をあわせた13か月予算として編成しております。特に、国の交付金事業は後日成果が検証される仕組みとなっておりますので、着実に結果が出せるようご留意願います。
また、まち・ひと・しごと創生法に基づき、秋口までに宇佐市版の総合戦略を策定することとなります。宇佐市では、既に第二次総合計画を策定済であり、各種大型プロジェクトも動き出しております。これらの計画を確実に盛り込むとともに、「人口増」という切り口で、より一層効果があがるよう知恵の結集をお願いいたします。

 3点目は、「市民・議会との信頼関係」についてであります。
いうまでも無く事務事業を円滑に推進していくためには、市民や議会の皆さんのご理解とご協力が不可欠です。市民の皆さんに対しましては、引き続き丁寧かつわかりやすい説明を心がけるとともに、あらゆる局面できめ細やかな市民との対話をお願いいたします。
また、市議会は統一地方選を踏まえ、新たな議員構成、枠組みとなります。市議会とはこれまでも良好な関係を維持しておりますが、これまで以上に信頼関係を構築できるよう全力を尽くして下さい。なお、新人議員を中心に多くの一般質問が予想されます。少なくとも過去2か年の議事録を精査の上、事務事業推進の基本的な考え方や方向性などについて、しっかりとした答弁や回答ができるよう万全の準備をお願いいたします。

 4点目は、「マネジメント能力」についてであります。
管理監督者として大事なことは、「業務管理」と「労務管理」、いわゆるマネジメント能力であります。先ずは計画的に事務事業を進め、着実に成果が上がるよう、しっかりとした業務管理をお願いいたします。しかしながら、これだけでは不十分です。風通しの良い職場づくりに努め、個々の職員の能力を可能な限り引き出し、チームとして最高の力が発揮できるよう、適切な労務管理もお願いいたします。
なお、人事異動に伴う業務の停滞は許されません。早急に引継を済ませ、市民サービスに支障を来たさないよう体制固めをお願いいたします。

 今日の地方自治体を取り巻く環境は、人口急減により自治体が消滅する恐れがあるなど大変厳しい状況にありますが、私は、まちづくりの目標である「定住満足度日本一、交流満足度日本一のまち」を目指し、先頭に立って取組んでまいる所存であります。幹部職員の皆様方には、これまで以上に心を一つに合わせ、全庁一丸となって職務に邁進していただきますようお願いいたします。