ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光文化情報 > お役立ち情報 > 知らないと損をする宇佐市のお得な制度をご紹介(平成28年度版11月1日更新)

知らないと損をする宇佐市のお得な制度をご紹介(平成28年度版11月1日更新)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月1日更新

豊かな大自然を求めて~安住の地、宇佐へ~

宇佐市の概要

宇佐市平野部 宇佐市は大分県北部に位置し、北に周防灘が開け、南は立石山・人見岳等標高1,000m弱の山岳を境に玖珠町・由布市に、西は中津市に、東は豊後高田市・杵築市・日出町・別府市にそれぞれ接しており、海岸部・平野部・山間部等の豊富で変化に富んだ地形・自然を、皆さんのライフスタイルに合わせて楽しむことができます。
また、古事記・日本書紀に名前が出てくるほど長い歴史を持っており、全国八幡社の総本宮である宇佐神宮をはじめ、東西本願寺別院、龍岩寺、鏝絵、石橋など古い文化遺産が数多く保存・継承されています。
さらに、豊富な自然や食材を利用した6次産業、グリーンツーリズムでの観光業も盛んに行われています。

宇佐市の概要】【宇佐市の観光

知ってお得な宇佐市の移住・定住支援情報

事業名に★マークが付いているものは、県内トップクラスもしくは独自事業です。
また、リンク先が表示されている箇所をクリックすると、それぞれのページを開きます。

目次

移住総合・体験住宅農林漁業・就労暮らし出産・子育て教育健康・福祉・介護
ダウンロード交通
移住総合・体験

事業名

説明

担当課

宇佐市移住安心ガイド宇佐市に移住をお考えの方への総合情報サイトです。

観光まちづくり課

★移住コンシェルジュ

市と連携して移住前後の不安を取り除くためのサポートを行う方々がいます。
【集落定住支援員】地域と連携して空き家バンク登録物件の掘り起しや空家案内、移住相談を行っています。
地域おこし協力隊】市外から宇佐市に移住して働き、移住者目線でのサポートや地域との橋渡しを行っています。
まちづくり等協議会】小学校区ごとに設立されており、独自のサポートや地域の皆さんとの橋渡しを行っています。

空き家バンク制度

市内にある空き家と所有者の情報を、地域活性化や定住促進を図るために紹介します。

お試し暮らし住宅

田舎暮らしのお試し宿泊体験施設がオープンしました。1日1000円で市外の空き家バンク利用登録者がご利用いただけます。※要予約

鏝(こて)絵通り交流館
ラシュレ安心院
古民家再生により完成した移住交流拠点施設がオープンしました。空き家案内の拠点施設となっています。

★県外UIターン者移住支援事業補助金
(引っ越し支援、移住奨励金)

県外の方が宇佐市に新築を行うか空家バンク登録物件を利用して移住する場合に、下記の支援を受けることができます。
(1)引っ越し補助→補助率3分の2、上限20万円
  (単身世帯不可、小学生以下の子どもがいる世帯は入居物件不問)
(2)移住奨励金→1世帯10万円(単身世帯不可)

★グリーンツーリズム

日本のグリーンツーリズムの先駆けの安心院町。簡易宿泊施設の許可を取得して、安心・安全の農村民泊に取り組んでいます。小川のせせらぎ、おいしい空気、とれたての魚や野菜、農山漁村の生業を体感してみませんか。

安心院支所
産業建設課

目次に戻る

住宅関連

事業名

説明

担当課

★県外UIターン者移住支援事業補助金
(新築・購入支援)

県外の方が宇佐市に新築や空家バンク登録物件を購入して移住する場合、下記の補助金を交付します。※移住前に申請する必要があります。
(1)新築・新築購入補助→上限100万円
(2)空き家購入補助→補助率10%、上限100万円

観光まちづくり課

★宇佐市空き家改修補助金

宇佐市への移住(UIターン)を目的として、空き家バンクに登録されている物件を改修する場合に、改修に要した経費の一部を助成します。
(補助率3分の2、上限100万円)
※県外の方が、空き家購入補助併用時は併せて100万円まで

★若者定住促進住宅

市外にお住まいの子育て世帯の方が、専用住宅に入居した場合、子どもの年齢や人数に応じて5千円~3万5千円の減額制度有り。(基本家賃4万5千円)
※平成28年11月1日現在、満室です。

結婚新生活応援事業補助金

条件を満たす新婚夫婦が、新生活のための住居を賃貸契約する場合に補助します。
(1)引越経費及び仲介手数料補助 計6万円(1回限り)
(2)家賃補助 1万円/月(最大24か月)

★周辺地域若者定住奨励金

周辺地域外にお住まいの子育て世帯の方が、周辺地域に居住用住宅を新築または購入(空き家含む)した場合に奨励金を交付します。
(1)市内者10万円
(2)市外者20万円

★家族支え合い住宅建設奨励金

離れて暮らしていた親子等が、支え合って居住するための住宅を新築、増築、改築する場合に奨励金を交付します。
(1)新築・新築購入→上限50万円(60万円)
(2)増改築→補助率20%、上限30万円(40万円)
※括弧内は中学生以下の子供がいる場合

★宇佐産材利用促進事業補助金

市内で生産製材した木材を利用し、居住のための一戸建木造住宅を新築・増改築した場合、使用量に応じて補助金を交付します。
(1)新築→10㎥以上使用で1㎥あたり5万円、上限100万円まで
(2)増改築→1㎥以上使用で1㎥あたり5万円、上限40万円まで

林業水産課
三世代同居リフォーム支援事業三世代が同居するために増改築工事を行う場合、特定の工事に対して一部を補助します。(補助率50%、上限75万円まで)子育て支援課

子育て世帯リフォーム支援事業
(子育て支援型)

各種条件を満たす子育て世帯で、子どものための改修(省エネ化工事も含む)を行う場合に費用の一部を補助します。
(30万円以上の工事で補助率20%、上限30万円まで)

高齢者世帯リフォーム支援事業
(バリアフリー型)

各種条件を満たす65歳以上の高齢者がいる世帯で、高齢者向けの改修(省エネ化工事も含む)を行う場合に費用の一部を補助します。
(30万円以上の工事で補助率20%、上限30万円まで)

介護保険課

在宅高齢者住宅改造助成金

条件を満たす高齢者がいる世帯で、高齢者向けの改修を行う場合に費用の一部を補助します。(補助率3分の2、上限40万円まで)
耐震診断・耐震改修補助金

地震に備えて、住まいの耐震診断や耐震改修工事をするときの費用の一部を補助します。
(1)耐震診断→補助率3分の2、上限3万円まで
(2)耐震改修→補助率3分の2、上限80万円まで

建築住宅課

市営住宅
(一般公営住宅)

所得が基準以下の方を対象とした賃貸住宅で、ほとんどの市営住宅がこれにあたります。毎月5日前後に募集を行っています。
市営住宅
(公共賃貸住宅)
幅広い所得者を対象とした賃貸住宅です。空き室がある場合は随時募集しています。
家賃:1~3階33,000円、4~5階28,000円

市営住宅
(特定公共賃貸住宅)

中堅所得者(一般公営住宅の所得基準を超える方)を対象とした賃貸住宅です。空き室がある場合は先着順で募集しています。
家賃は団地ごとに一律です。単身向け25,000円、世帯向け43,000~57,300円
土地開発公社分譲地「宇佐市四日市、安心院町緑の庄、院内町下恵良」の3か所に、宇佐市土地開発公社が販売している分譲地があります。土地開発公社
合併処理浄化槽設置整備費補助金

下水道などの区域外で、新築・リフォーム等により、合併処理浄化槽を新たに設置する場合に経費の一部を補助します。
上限額(1)5人槽332,000円、(2)7人槽414,000円、(3)10人槽548,000円
※既存住宅の改修などで条件を満たす場合は、上記の上限額に20万円が上乗せになります。(平成28年度まで)

生活排水課

目次に戻る

農林水産業・就労

事業名

説明

担当課

空き家活用型起業支援事業補助金市外者や宇佐市に転入して5年以内の方が、周辺地域にある空き家バンク登録物件や空き店舗を利用して起業を行う場合、改修費用や設備、備品等の整備にかかる費用を補助します。
(補助率50%、上限50万円)

観光まちづくり課

★創業・起業支援ワンストップ相談窓口宇佐市で創業・起業をお考えの方にワンストップ相談窓口(無料)を開設しています。創業支援コーディネーターが各種相談をお受けします。また、他の創業支援機関と連携して創業希望者を支援します。お気軽にご相談下さい。商工振興課
創業・起業支援事業補助金宇佐市創業支援講座等を受講し、市から証明書の発行を受けた方が市内に事業所を設置して創業する場合、施設改修や備品等の整備にかかる費用を補助します。
(補助率50%、上限50万円)
UIターン者奨学金返還支援事業宇佐市に転入し就職した年収300万円未満の方に対し、日本学生支援機構の奨学金の返済金に対して、年間返済額の2分の1を補助します。(上限100万円)

★USA・UIターン雇用拡大推進事業

宇佐市に住んでみたい、帰りたい。田舎で暮らしたいけど仕事があるのかなー。自分の技術や経験を生かして宇佐市で働きたい。宇佐市の企業情報があればなー。こんなことをお考えではありませんか?当事業では、UIJターン者向けの雇用・企業情報を収集し提供しています。

シルバー人材センター

60歳以上でもまだまだ働きたい!
高齢者の方が自分の経験や能力を活かした仕事ができる場を提供しています。大工仕事や植木の剪定、草刈、家事のお手伝い、宛名書き、一般事務など、これまでの経験や資格、特技を活かして生きがいを持って働けます。初心者でも、様々な技術講習会があり安心です。お気軽にご相談ください。

椎茸種駒購入費助成

宇佐市椎茸栽培推進協議会の会員で、種駒を2万駒以上購入し、すべて植菌した場合、2万駒を超えた分に対して1駒あたり1円補助します。
(県事業との併用可)

林業水産課

しいたけ生産新規参入者サポート

椎茸栽培に新規参入する65歳未満の方に、機械等の整備費用の2分の1を補助します。
(県3分の1、市6分の1負担)

次世代を担う園芸産地整備事業

認定農家の方が、戦略品目(野菜・果樹等約20品目)に係る施設や機械を整備する場合に、費用の2分の1を補助します。(県3分の1、市6分の1負担)

農政課

地域資源200%活用支援補助金

宇佐市産の農林水産物を活用した新商品の開発や地場産品の販路開拓などを行っている民間事業者に補助金を交付します。上限50万円

★新規就農者支援
(ぶどうの学校)

おおむね40歳以下の方を対象に、ぶどう生産の担い手を養成するため、実践的な栽培技術や経営手法を習得するための研修を無料で行っています。
研修期間は短期5日間、長期2年間(長期の場合は年間150万円の支援有)

★新規就農者支援
(味一ねぎトレーニングファーム)

おおむね40歳以下の方を対象に、小ねぎ生産の担い手を養成するため、実践的な栽培技術や経営手法を習得するための研修を無料で行っています。
研修期間は短期5日間、長期2年間(長期の場合は年間150万円の支援有)

★宇佐市青年就農準備給付金事業市内で独立就農を目指し、技術習得に必要な実践研修する新規就農希望者の方に、研修期間中の生活安定対策として月額5万円を最長2年間交付します。

農地バンク制度

市内にある農地の有効活用を図るために農地情報を紹介し、農地を買いたい、借りたい方と農地所有者の橋渡しをおこないます。(要件を満たす必要があります)農業委員会

目次に戻る

暮らし

事業名

説明

担当課

★地域コミュニティ組織

地域住民が行政と協力しあい、地域の活性化や諸問題に取り組むために、地域資源の有効活用、安心して暮らしていける仕組みづくり、交流の場の創出など、地域のニーズを取り入れた活動を小学校区単位で行っています。

観光まちづくり課
宇佐市コミュニティバス運行事業

交通空白地域・不便地域でコミュニティバスを運行し、公共交通手段の確保に努めています。
利用料:原則一律100円(一部例外有り200円)

企画財政課
宇佐市消費生活センター

悪質商法・買物トラブル・多重債務など、消費生活に関する問題を専門の知識を持った相談員が解決に向けて助言や情報提供を行います。
専用電話:0978-25-5581
相談時間:平日9時00分~16時00分

商工振興課

勤労者総合福祉センター
(さんさん館)
 

文化・教養・研修など、市民の生きがい・ふれあいの拠点として幅広く活動していただける場を提供しています。

市民歴史環境教室

文化財に関する年間テーマに沿った講演会を年5回開催するとともに、現地学習会を1回開催します。平成27年度のテーマは「宇佐神宮と勅祭(仮)」です。

社会教育課

各種相談

法律、年金、生活、健康、栄養、糖尿病、こころの悩み等、様々な無料相談会を開催しています。

関係各課

宇佐市防災マップ

台風、大雨、津波など災害によって被害が想定される箇所や避難所の位置などを地図に示しています。

危機管理課

災害時応援協定

県内の全市町村、県外4つの交流都市、市内外の民間団体・企業40団体とインフラ・物資・人的支援等に関する災害時応援協定を締結しています。

図書館

宇佐市民図書館本館と安心院分館・院内分館があり、2台の自動車図書館が市内を巡回しています。詳しくは、図書館のホームページをご覧ください。図書館
光インターネットサービス市内全域で光インターネットが利用可能です。情報統計課
宇佐市インターネット放送局宇佐市の魅力をより多くの人に見ていただこうと、それらの動画を配信するインターネット放送局「USAチャンネル」を開局しました。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも特別なソフトを使うことなく動画を見ることができます。秘書広報課

目次に戻る

出産・子育て

事業名

説明

担当課

うさここ

バナー宇佐市の子育て情報に特化したサイトです。子育て支援情報や施設情報、イベント情報をまとめた子育て情報サイトと、会員制の交流サイトから構成された宇佐市の子育て支援をまとめたサイトです。子育て支援課
不妊治療費の助成

宇佐市に1年以上住む夫婦に対し、不妊治療に要する保険適用外医療費の一部を補助します。上限10万円/年(県事業との併用可) 

妊婦健康診査費用の助成 母子健康手帳を交付された方に、妊婦健診受診票を交付し妊婦健診(14回)の費用(受診票に記載された検査項目)を補助します。
妊婦教室 夫婦で妊娠・出産・育児について学ぶ教室を開催しています。
★産前産後支援ヘルパー費用助成金産前産後の母親の負担軽減のために、家事や育児などを援助してくれるヘルパーを利用する場合に、費用の一部を補助します。(800円/時)
こんにちは赤ちゃん訪問生後4か月までの赤ちゃんのいる家庭を対象に助産師・保健師が訪問し、健康状態の確認、育児相談、子育て支援サービスの紹介等を行います。
乳幼児健康診査集団健診(1歳6か月・3歳6か月)を無料で実施します。また、3~6か月・8~11か月の2回、乳児健診受診票を交付し費用を助成します。
予防接種乳幼児の定期予防接種を対象年齢の間に無料で受けられます。
子ども医療費の助成保険適用分のお子さんの医療費を助成します。
(1)0歳~小学校就学前児の入院・通院医療費、処方による薬代が無料。
(2)小中学生の入院医療費が無料。
★すくすく子育て祝金お子さんの誕生や小中学校への入学時にお祝い金を支給します。
(1)出産祝い金:5万円(第3子以降7万円
(2)入学祝い金:小学校3万円、中学校5万円
子育て教室乳幼児の事故防止と救急法」「離乳食」など、様々な子育てに関する学習会を無料で開催しています。
子育て相談お子さんの発育発達の確認や子育て相談、参加者同士の交流ができます。その他にも窓口、電話、家庭訪問や市が行っている健診等の会場でも相談できます。(赤ちゃん広場)(親と子のふれあい広場
発達相談会お子さんの運動発達、精神発達、行動、心理面でのご心配がある方を対象に、専門医が個別に診察や相談に応じます。年8回開催。
家庭児童相談室児童虐待、要保護児童等の相談やお子さんに関する各種相談を行っています。
多子世帯保育料減免

多子世帯が保育園・幼稚園・認定こども園を利用している場合、保育料を補助します。
(第2子半額、第3子以降無料)

★ひとり親家庭等結婚祝金児童扶養手当を支給しているひとり親家庭の父親または母親が結婚する場合、結婚祝い金を支給します。
(20万円※ひとり親同士の場合は各20万円)
地域子育て支援拠点市内7か所の保育園等で、子育て中の親子が気軽に集い、専任スタッフから育児に対する助言を受けたり、他の親子と交流をして育児不安の解消を行います。
延長保育延長保育を行う保育所や認定こども園に通っているお子さんを、保護者が仕事等の理由により開所時間内のお迎えが難しい場合に、通っている保育所や認定こども園でお預かりします。(有料)
一時あずかり特定教育保育施設に通っていないお子様を、保護者が様々な都合で平日に保育ができない場合に、特定教育保育施設で預かります。
(1800円/日・900円/半日・軽減制度あり)
休日保育保育認定をうけて特定教育保育施設に在園するお子さんを、保護者や同居の親族等が休日に仕事等で保育できない場合にお預かりする制度です。(慈光保育
子育て短期支援
(ショートステイ)
保護者が病気・出張等や社会的理由により一時的にお子さんを養育することが困難になった場合、一定期間保護者に代わりお子さんをお預かりします。
「和」やわらぎ栄光園・聖ヨゼフ寮、2800円~5400円/日・軽減制度あり)
子育て短期支援
(トワイライトステイ)
保護者が残業や変則勤務等で勤務が夜間・深夜や休日となる場合に、保護者に代わってお子さんをお預かりします。
「和」やわらぎ栄光園・聖ヨゼフ寮、750円~1350円/日・軽減制度あり)
病児病後児保育お子さん(0歳~小学校6年生)が病気で、親が昼間保育できない場合に、お子さんを預かりお世話します。
くまのみどう小児科スマイルルーム・事前登録・600円~1200円/日)
うさっ子サポートセンター保護者が急用等の場合に、保育園等への送迎やお子さんの預かり等に対応するための会員制の相互援助活動です。生後3か月~小学生までが対象。
(事前登録・1時間700円)
児童館すべての児童を対象に、心身の健康や健全で情操豊かな児童を育てることを目的とした活動を行っています。宇佐地区と安心院地区に開館されています。(無料)
放課後児童クラブ市内に20か所開設されており、放課後を利用して小学生に適切な遊びや生活の場を与えます。

目次に戻る

教育

事業名

説明

担当課

学校施設の耐震化平成27年度に小中学校の学校施設の耐震化が完了します。管理課
就学援助費経済的理由により就学困難なお子さんの保護者に、必要な援助を行います。学校教育課
スクールバス運行小学校の統廃合によって通学に支障をきたす地域で、小中学生用のスクールバスを運行しています。
遠距離通学費補助定められた地域で、遠距離から通学する児童生徒がいる世帯に通学費の補助を行います。
特別支援教育就学奨励費経済的理由により就学困難な、法令に規定する障がいのあるお子さんまたは特別支援学級に就学するお子さんの保護者に、必要な援助を行います。
特別支援教育支援員配置 特別の支援が必要な普通学級に通うお子さんの教育の充実をはかるため、市立幼稚園・小中学校に支援員を配置しています。
特別支援教育総合推進特別な支援が必要なお子さんに対して、一貫した支援を行うため就学前から就職前までを記載した支援ファイルを作成して特別支援教育の充実を図っています。
学校復帰支援不登校児童生徒の学校復帰支援のために指導員、臨床心理士を配置しています。
放課後チャレンジ教室文部科学省の補助事業で市内に6か所開設されており、放課後に地域の方々が講師となり小学生に学習や体験活動の場を提供します。社会教育課
学校支援地域本部事業地域の方々がボランティア講師となり、学校の教育活動(学習、登下校時見守り、環境整備など)を支援する取り組みです。市内全小中学校で行われています。
宇佐子ども体験教室様々な体験活動を通して社会教育の知識を学び、他校の児童や地域の方との触れあいを通じて心豊かな感性を養うため、科学体験や料理体験、農泊体験など年間8回の取り組みを行っています。
総合型地域スポーツ
クラブ
 「いつでも、どこでも、だれとでも、いつまでも」世代を超えて、好きなレベルでいろいろなスポーツを気軽におこなうことができる新しいタイプの地域に密着したスポーツクラブです。地域住民が自主的・主体的に運営する非営利組織です。
NPO法人総合型地域スポーツクラブグレートサラマンダー
総合型地域スポーツクラブわっしょいUSAクラブ
文化スポーツ振興課

目次に戻る

健康・福祉・介護

事業名

説明

担当課

がん検診結核・肺がん、大腸がん、胃がん、乳がん、子宮頸がん、肝炎ウィルスの検査を対象年齢の間、無料、または一部負担でうけられます。健康課
予防接種中学3年生までと満65歳以上の方のインフルエンザ、65歳以上の方の肺炎球菌の予防接種費用の一部を助成します。
さわやか運動教室健康運動指導士の指導により、運動習慣を身につけるための運動教室をを無料で開催しています。(宇佐・安心院・院内 各毎月1回)
★5・8・11健康チャレンジ自分に合った健康づくりの目標を掲げ、健康づくりに取り組んでポイントを貯めます。貯まったポイントで健康グッズなどが当たる抽選に応募できます。市民どなたでも参加できます。
(開催期間5月~11月)
★介護予防教室介護予防体操教室150か所、ふれあいサロン100か所以上、認知症予防教室17か所があり、お住まいの地域の教室にご参加いただけます。介護保険課
宇佐市高齢者安心サポートシステム事業一人暮らしの高齢者や高齢者世帯の方に、緊急通報装置を貸与し、緊急時や相談等のサポートをします。

目次に戻る

ダウンロード

PDF式
宇佐市移住定住ガイドブック(平成28年度版)[PDFファイル/9.59MB]

目次に戻る

宇佐市内での移動手段について

宇佐市に住むほとんどの人が自家用車等を所有しています。
普段の生活圏にもよりますが、お車を所有していない方が宇佐に暮らす際には、事前に交通事情等を調べることをお勧めします。
市内コミュニティバス】(路線図もあります)

宇佐市役所へのアクセス

目次に戻る

お問合せ

宇佐市役所観光まちづくり課コミュニティ係
Tel:0978-32-1111(内線472)
Mail:tiiki08@city.usa.oita.jp

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)