ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光文化情報 > 歴史・文化 > 指定文化財(名勝)

指定文化財(名勝)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年7月19日更新

国指定

耶馬渓(高野堂の景・仙岩山の景・龍泉寺の景・仙ノ岩の景・東椎屋の滝の景・西椎屋の滝の景)

 名勝耶馬渓とは、第4紀更新世前期〜中期に形成された溶岩層などが、河川により浸食されて形成された奇岩、秀峰、滝などの特異な自然景観です。古くから頼山陽などの文人に愛でられ、水墨画や漢詩の題材として好まれました。指定範囲は中津市・宇佐市・日田市・玖珠町の広範囲に及んでおり、宇佐市には「高野堂の景」・「仙岩山の景」・「竜泉寺の滝の景」・「仙ノ岩の景」・「東椎屋の滝の景」・「西椎屋の滝の景」・「地蔵峠の景」の7カ所が指定されています。

仙の岩の景(名勝耶馬渓)  東椎屋の滝(名勝耶馬渓)

県指定

 該当なし

市指定

該当なし