ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光文化情報 > 観光ガイド > 東光寺五百羅漢

東光寺五百羅漢

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年7月30日更新

市指定有形民俗文化財 

五百羅漢の写真です      五百羅漢の写真です

 宇佐市江須賀にある東光寺には、喜怒哀楽の表情をした五百羅漢があります。
 東光寺は貞治元年(1362)に臨済宗として開山し、戦国の世を経て寺跡だけになっていたのを17世紀半ばに再興されたと伝えられており、その後、曹洞宗に改宗し現在に至っている寺院です。

 五百羅漢は安政6年(1859)、15代住職道琳が干害に苦しむ農民を救いたいと、当時著名だった日出の石工に制作を依頼したことが始まりで、明治15年(1883)までの24年間に渡って521体もの羅漢像を彫り上げました。

 石仏の一つ一つを見ていると、身近な人々や懐かしい人の顔を思い浮かべたり、自分にそっくりな顔をした羅漢像に会えるかもしれませんよ。

 また、本堂の裏には珍しい仏足石もあり、五百羅漢と共に宇佐市の有形民俗文化財に指定されています。

施設情報

 場所:宇佐市大字江須賀(柳ヶ浦高等学校北側)
 交通:JR柳ヶ浦駅より南へ車で5分
 駐車場、トイレ有り、見学自由

地図