ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光文化情報 > 観光ガイド > 楢本磨崖仏(ならもとまがいぶつ)

楢本磨崖仏(ならもとまがいぶつ)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年6月1日更新

県指定史跡

 楢本磨崖仏楢本磨崖岩

 室町時代の磨崖仏の特色(かまぼこ型、半肉彫り)を代表する史跡といわれ、横4m50cm幅40mの2段の岩に彫られており、不動明王の右上にある墨書銘は、昭和32年に県指定史跡に指定されています。
 不動三尊(不動明王・衿羯良(こんがら)童子・制吨迦(せいたか)童子)と薬師三尊(薬師如来・日光菩薩・月光菩薩)の他、十二神将や仁王、地蔵菩薩などが仏の世界を表現した曼荼羅(まんだら)が今も残されています。

地図