ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光文化情報 > イベント・おすすめ情報 > 宇佐学マンガシリーズ(2)「幕末の賀来一族 飛霞と惟熊」出版記念フォーラム が開催されました

宇佐学マンガシリーズ(2)「幕末の賀来一族 飛霞と惟熊」出版記念フォーラム が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年1月29日更新

豊田先生記念講演写真       座談写真

(記念講演をする豊田先生)                     (座談の様子)

 平成25年1月27日(日曜日)に宇佐市民図書館において、宇佐学マンガシリーズ第2弾『幕末の賀来一族 飛霞と惟熊』出版記念フォーラムを開催しました。会場は、約110名の市民で満席となり、皆さんは講師の話に熱心に耳を傾けていました。

 記念講演では、別府大学学長の豊田寛三氏による「幕末維新の宇佐地域 ~宇佐大路を手がかりに~」と題する講演がありました。豊田学長は、幕末の旅絵師・蓑虫山人(土岐源吾)が残した絵日記や宇佐宮奉幣使に関する記録を参考に、「宇佐大路」(宇佐宮へ通じる路)が時代ごとに意味合いが変わったことなどを紹介しました。

 引き続き「マンガで知る郷土の偉人」をテーマに、今回のマンガの作者である漫画家の瀬井恵介氏と平井義人氏(大分県立先哲史料館館長)、平川毅氏(大分県立歴史博物館主任学芸員)が座談を行いました。マンガが完成するまでのエピソードや仕掛け、飛霞や惟熊が活躍した頃の宇佐地域の社会状況のほか、利他の精神で生きた二人や一族について、そしていかに郷土の偉人を伝えていくかなどの意見が交わされました。

(行事の詳細については下記をご参照ください。)

イベント内容

 郷土の偉人顕彰事業の一環として、宇佐学マンガシリーズ(2)「幕末の賀来一族 飛霞と惟熊」が刊行されました。

 その出版を記念して記念講演と座談を開催いたします。 

 また、当日マンガ本の販売(税込800円)も行う予定です。

マンガ本の画像

日時

 平成25年1月27日(日曜日)

  午後1時30分~ 記念講演 「幕末維新の宇佐地域~宇佐大路を手がかりに~」

  午後2時30分~ 座談 「マンガで知る郷土の偉人」

出演者

  <記念講演>

  講師 豊田 寛三 氏(別府大学学長)

 <座談>

  講師 瀬井 恵介 氏(デザイン工房Sei代表・日本デザイナー学院講師)
      平井 義人 氏(大分県先哲史料館館長)
      平川 毅 氏(大分県立歴史博物館主任学芸員) 

入場料

 無料

チラシ・ポスター

 出版記念フォーラムちらし(表) [PDFファイル/441KB]

 出版記念フォーラムちらし(裏) [PDFファイル/382KB]

お問合せ先

 <フォーラムについて>

 宇佐市観光まちづくり課 文化振興係

 <マンガ本について>

 宇佐市民図書館 (0978-33-4600)

 ※マンガ本は宇佐市民図書館にてお取り扱いしております。
  (郵送でのご購入も承っておりますので、詳しくは図書館へお問合せください)

 図書館HP詳細ページへのリンク

開催場所

 宇佐市民図書館 視聴覚ホール

地図


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)