ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光文化情報 > イベント・おすすめ情報 > 宇佐神宮仲秋祭(放生会)(終了しました)

宇佐神宮仲秋祭(放生会)(終了しました)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月30日更新

イベント内容(終了しました)   

仲秋祭

 放生会(ほうじょうえ)は、宇佐神宮における最古の祭祀儀礼です。初日の8日には、八幡大神が神輿に乗って、宇佐神宮から和間の浜に建てられた浮殿に神幸し、最終日の10日に宇佐神宮へ戻ります。伝統的なこの行事の由来は、720年に起きた隼人の反乱にさかのぼります。反乱が起きた際、朝廷軍と共に八幡神が鎮圧して以降宇佐に疫病や凶作などが続き、隼人の霊の祟りだと信じられていました。その霊を慰めるために仏教の殺生戒に基づいて生き物(蜷貝)を放って供養する放生会がはじまり、全国各地に広まったと言われています。歴史と伝統を今に伝える放生会は神仏習合文化を如実に表している行事です。ぜひお越しください。

開催日時                                 

10月 8日(土曜日) 14時00分~

10月 9日(日曜日) 10時00分~ 蜷の放流は、9日(日曜日)11時00分からです。

10月10日(月曜日) 14時00分~

場所

宇佐神宮・和間神社

問合せ先

宇佐神宮 Tel 0978-37-0001

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。